ymzo note 📋

個人メモを公開する

お見合い - 各フェーズでの判断基準の明確化

前置き

問題

  • 仮交際で複数回会っても、真剣交際フェーズに進むか判断できないこと
    • 婚活を長期化 ⇒ 時間とお金の無駄遣い

Action Item

  • Action Item:これまでの経験をもとに、判断基準を仮決めする ← これまでの女性と会ってきた経験を基に仮決めできるはず
    • 各フェーズでの判断基準の明確化
      1. ファーストコンタクト申請時
      2. 仮交際移行時
      3. 真剣交際移行時(結婚相手の候補)

ファーストコンタクト申請時

概要

  • ポイント
    • ① 婚活の活動歴、結婚に対する真剣度
    • ② 基本情報
    • ③ 外見・身嗜み
    • ④ 価値観・志向性
    • ⑤ 能力
    • ⑥ 関係構築の容易さ
  • 判断タイミング
    • ファーストコンタクト申請時

① 婚活の活動歴、結婚に対する真剣度

  • [ ] 活動歴:加入後約半年未満であること(3ページ以内)

② 基本情報

  • [ ] 年齢:27歳、28歳、29歳、30æ­³
  • [ ] 住所:自宅から1時間圏内
  • [ ] 最終学歴:大卒以上
  • [ ] 体型:55kg未満(150 - 155cm⇒ 40 - 50kg , 155 - 165cm ⇒ 45 - 55kg)
  • [ ] 仕事
    • [ ] 仕事:土日休みの職業である
    • [ ] 仕事:共働きの意志がある

③ 外見・身嗜み(正確には会った後にわかる)

  • [ ] 顔:整った顔立ちをしていそう
  • [ ] 体型:健康体型でありそう
  • [ ] 身なり:30歳前後の服装ができる(自分で選んで着ている)

④ 価値観・志向性

  • [ ] 自分軸:他人軸でなく自分軸で生きようとしている
  • [ ] オープンマインド:相手を信頼してオープンな会話ができるか
  • [ ] 前向き:色々な物事に興味を持ち、自身の好奇心に従って行動できる、日常を大切する感性がありそう

⑤ 能力

  • [ ] 仕事に対する意志
    • [ ] 収入が自分と同程度ある
  • [ ] 料理ができる

⑥ 関係構築の容易さ

  • [ ] 生活リズムが同じ
  • [ ] 自宅から距離が近い

その他

  • [ ] 出身:都内または西日本方面

補足メモ

  • å¹´é½¢
    • 結婚に対する温度感が同じであればよい
      • 2歳年上(31歳)になると結婚まで半年とかの温度感
      • 3歳年上(26歳)になると結婚まで数年とかの温度感
  • 住所・最終学歴
    • 自分軸で生きようとしている人であれば、特に住所、学歴は気にしなくてもよい
  • 仕事
    • 共働きしやすそうな職業であれば尚良
    • 働き方が類似、リモートワークであれば尚良

仮交際移行時

概要

  • ポイント
    • ① 結婚に対する真剣度
    • ② 外見・身嗜み
    • ③ コミュニケーションの相性
    • ④ 価値観・志向性
    • ⑤ 能力
    • ⑥ 関係構築の容易さ
  • 判断タイミング
    • ファーストコンタクト終了後

① 結婚に対する真剣度

  • [ ] 次付き合う人が結婚相手の候補(約1年程度)

② 外見・身嗜み

  • [ ] 顔:整った顔立ちをしている
  • [ ] 体型:魅力的な体型である
  • [ ] 身なり:30歳前後の服装ができる(自分で選んで着ている)

③ コミュニケーションの相性

  • [ ] 話しやすさ:表情や話の間合いのとり方や、話すペースなどが似ているか
  • [ ] 論理性:質問の回答に違和感がない、意図を汲んで回答くれる
  • [ ] オープンマインド:相手を信頼してオープンな会話ができるか

④ 価値観・志向性

  • [ ] 価値観:自身の価値観で生きようとしている
  • [ ] 思いやり
    • [ ] 相手の好意を与え、受け取れる
    • [ ] 家族を含めて周りの人を大切にできる
  • [ ] 誠実さ
    • [ ] 裏表がない
    • [ ] 誠実である
  • [ ] 前向き
    • [ ] ポジティブ、色んなことに興味を持って取り組める
    • [ ] 些細なことに感謝できたり驚く感性がある
    • [ ] 日常の些細なことを楽しめる感性がある

⑤ 能力

  • [ ] 仕事に対する意志
  • [ ] その他、結婚後に恩恵を受ける能力

⑥ 関係構築の容易さ

  • [ ] 生活リズムが同じ
  • [ ] 自宅から距離が近い

補足メモ

  • コミュニケーションの相性が会うかについては、話題は何でもよい。

真剣交際移行時(結婚相手の候補)

概要

  • 仮交際期間2~3回会う中を通して確認する
    • 以下が揃えば、結婚生活を想像できると思う
  • ポイント
    • ① 外見・身嗜み
    • ② コミュニケーションの相性
    • ③ 価値観・志向性
    • ④ 一緒に楽しめる
  • 判断タイミング
    • 1~3回会い、行動の背景にあるものを知った後

① 外面・身嗜み(複数回会っても印象が同じ)

  • [ ] 顔:整った顔立ちをしている
  • [ ] 体型:魅力的な体型である
  • [ ] 身なり:30歳前後の服装ができる(自分で選んで着ている)

② コミュニケーションの相性

  • [ ] お互いに気を使わずに、特に大きなストレスなくどんなトピックでも話せる

③ 価値観・志向性

  • [ ] 相手のことを思いやれること
    • [ ] 人に与えられる、人の思いを素直に受け止められる
  • [ ] 自分軸:自分軸で生きようとしている人
  • [ ] 価値観:行動選択の根底にある価値観・考え方が共通している(人生の有限性の自覚など)

④ 一緒に楽しめる

  • [ ] お互いの好きなものを認め合い、何でも楽しることを想像できる。
  • [ ] 特別な日常でない日常も楽しめる、結婚生活を想像できる

まとめ

  • 結婚相手の決め手:自分軸で生きようとしている人であればよいのかも。
  • 価値観の部分が最も重要である。ここが同じかどうか次第。← 転職の最終面接でもここを知りたいのかも
    • 2〜3回目のデートで確認するべきこと。価値観が一致していれば、服装とかどうでも良い。

真剣交際に進む判断ができない

前置き

  • 整理の背景:特定の女性と複数回会っているが、真剣交際フェースに進むかどうか判断できない
    • 具体的には
      • 1月22日に渋谷のホテルラウンジで会い、その後恵比寿で2度(2月4日、2月9日)お会いした方と、真剣交際フェーズに行くかどうか判断できない
  • すること
    • 現状が問題なのか問題ではないのかを判断する
      • 問題でれば、Action Itemを決めて実効する
      • 問題でなければ、特にAction Itemなし

Action Itemの整理

現状

  • 特定の女性と複数回会っているが、次のフェースで行くかどうか判断できない
  • または、すでに判断はできている(結婚相手として合わない)が、惰性で会っている

理想

  • 婚活にかける時間とお金が有限 ⇒ 問題になる ★
    • 仮交際で複数回会えば、交際フェーズに行くかどうか判断できる
    • 会い続けるにしても可能性が低いことを自覚して会う
  • 婚活にかける時間とお金が無限 ⇒ 問題にならない
    • すべての人とじっくり会った上で決定する

問題

  • 仮交際で複数回会っても、真剣交際フェーズに進むか判断できないこと
    • 婚活を長期化 ⇒ 時間とお金の無駄遣いにつながる

Action Item

  • Action Item:これまでの経験をもとに、判断基準を仮決めする ← これまでの女性と会ってきた経験を基に仮決めできるはず
    • 各フェーズでの判断基準の明確化
      1. ファーストコンタクト申請時
      2. 仮交際移行時
      3. 真剣交際移行時(結婚相手の候補)
  • Action Item:女性と会いながら、判断基準を調整する

体型管理 - 目標に対して思うこと

前置き

  • 現実と理想のギャップを埋めるためのアクションを取れているか・今の延長線上にあるか確信がない感じがする。
  • 何故そう思うのかを考える。

分析

目標に対して思うこと

  • 2021年に立てた目標に関して、本心はどう考えている。
    • 設定した目標は?
      • 現在:2021å¹´02月:体重 64kg、体脂肪率 17.0%(11.2) ⇒ FFMI = 19.4
      • 理想:2021å¹´12月:体重 66kg、体脂肪率 14.5%(9.9) ⇒ FFMI = 20.0
        • ※ FFMIが重要であり、体重、体脂肪率のどちらかがクリアしていても意味がないことに注意。
    • 値の根拠は?
      • FFMI = 20が細マッチョの目安とされるため。
    • なぜ細マッチョが目安か?
      • 程よい肉付きで、自分が目指すバレエ先週なども細マッチョにカテゴライズされるため。
      • あくまでも、インターネットの情報。
  • 確信がない感じがする理由は?
    • マイルストーンの計画あっているか、マイルストーンを達成するためのAction Itemが適切か確信がない。
      • ⇒ 自己流でメニューを決めている。モデルケースを基にしてない。(YouTubeの組合せ)
        • 過去の経験)言語やプログラミング言語を学んだ時は、やり方をリサーチした後、ポイントを抽象化して具体的な行動を実行した。⇒ 実行すれば自然と成果がでる。
        • 今回の場合) 筋トレのポイントを抽象化するプロセスなしに実行している ★
          • 例)習慣化して継続すること
      • ⇒ 期間の制約がなく、方法の探索が中途半端、アクションアイテムも本気でない。
        • 過去の経験)期間の制約があった、または決めていた(留学の期間や、就業の期間が決まっていた、または決めていた)⇒ 最も効率的な方法を探索。
        • 今回の場合)期間の制約がない、決めていない(2021年以降も続けて行くだろうと考えている。)
          • 例)今年内に成果を残さないとならないとうことであれば、トレーニーを雇って成果を出すだろう。
    • 目標のイメージが足りていない。
      • ⇒ 基本的にインターネットの情報を基にしており、目標を達成した場合どのような状態になるのかがイメージでしかない。
        • 過去の経験)新しいことを身につける過程で、目標とする人が側にいた。具体的に目標とする人を見ながら底に達するための行動を実行していた。

効率的に理想の体型に近づくポイント(抽象化)

自身の経験から

  • 増量と減量を分ける
    • 体脂肪率の低下、筋肉量の増加の両立はできないと割り切る
  • 適切な負荷になるように常時調整する
    • 簡単にできる負荷をかけ続けても筋肥大しない
  • 継続する
    • 短期間に成果を求めない、現在の筋トレの成果は3ヶ月程度のタイムラグが有ること
  • 適切な栄養・カロリーの摂取する
    • 摂取量が少なかったり、偏りがあると効率的に筋肥大しない

好きなこと - 音楽を聴くこと

前置き

  • 自分の好きに素直に認めたい。好きなことで人生を満たしたい。
  • 好きなことって、日常意識しないけど、ずっと何年にも渡ってしていることだと思う。
    • その一つが音楽を聴くこと。

好きなこと

  • Ambient(環境音楽)が好きだ。
    • 本当に好きだと思うのは、きっとこの先にずっと聴き続けると思えるから。
  • Ambientの中でも特に好きな音楽の特徴は?
    • ゆったりしている音色のもの。
    • 歌詞がないもの。

なぜ好きなのか

  • 過去の一人の時間の記憶と結びつくから。
    • 今の自分があるのは、一人の時間があったから。
    • 一人の時に気付きを得た時に必ずあったのが、このような美しい音楽たちだった。
  • 音色の調和が美しいものが多いから。
    • 音楽を聞いていると、自分の頭の中にある雑音・雑念が抑えられるような気がする。

好きなものの例

転職 - 日系コンサル(NTT系) - WEBテスト

前置き

  • 2020å¹´01月XX日 AMに受けた日系コンサル(NTT系)の一次面接が通過して、最終面接前のWEBテストに関するメモ。
    • 結果の通知から1週間以内に2種類のテストを受けることを求められる。

概要

  • 実施日
    • 2020å¹´02月07日 11:00 - 12:00 SPI(65分)
    • 2020å¹´02月07日 13:00 - 14:30 WebGAB(80分)
  • 2種類同じような試験を受けさせることによって、結果の整合性の確認をするのだろう。賢いね。

受検前の対策

受検後の所感

  • SPI:各設問にタイマーが付いているがそれを観るのではなく、全体のタイマーに焦点を当てる必要がある
    • 言語:60%。
    • 非言語:40 - 50%。推論とか難しかった記憶。
    • 性格診断:社交的ではないが、論理的で計画性があるような回答。
  • WEB GAB
    • 言語:80%。時間内に全問解ける。
    • 非言語:55 - 60%。時間配分を考え飛ばした問題数5~7問/40問、間違えている問題5問/40問。
    • 性格診断:社交的ではないが、論理的で計画性があるような回答。

好きなこと - 文章を書くこと

好きなこと

  • 2021年、個人メモの一部をインターネットに公開し始めて思ったこと。
    • 文章を書くことが好きだ。
      • その好きが本物だと思うのは、その営みが人から見られなくても、人から認められなくても、お金を生み出さなくてもすることだから。
      • 一日中家の中に籠もってでも、書き続けることができることかもしれない。
    • 文章を書くことが得意だ。
      • 自然とできてしまう。
      • 培った場所
        • プライベート:2013年から個人的なメモを取り続けてきた。
        • 仕事:周りの人に論理的に物事を伝える必要がある業務の中で、下書きとして文章を書く癖がついた。

なぜ好きなのか

※ 好きに理由をつける必要がないかもしれないけど。

  • 文章を書くことで、頭の中が整理されて気持ちがよいから。(振り返り)
    • 文章化
      • ⇒ 客観的に自身の気持ちや考えていることを見れる。
      • ⇒ 客観的に見えることで、気づきが増える。
      • ⇒ 気づきが増えることによって、人生で味わえる総量が増える気がする。
      • ↑ 成長欲は、これまで成長を追い求めてきた結果、今の豊かな人生があると思っているから。
  • 文章を書くことで、自身の考えや経験を残せるから。(記録)
    • あの時の気持ち、何を考えていたか自分の過去でも思い出せないことがある。
    • そんな時に、メモがあれば、あの時こんなことを考えていたのだということをリアルに思い返せる。

文章管理ツール Notion

  • Notion https://www.notion.so/product
    • 昨年2020å¹´GWに、文章管理をOneNoteからNotionに変更した。
    • これにより、より文章を書くことが多くなった。毎日1ページは何かしらのメモを作成している。
  • 良いところ
    • Markdown形式、汎用性が高い
    • 機能が豊富なのに動きが軽い
    • シンプルでスタイリッシュ
    • 飽きが来ない工夫(フォントやテーマの変更可能)
    • 複数端末から同期可能
  • 悪いところ
    • 有料(個人利用 月契約の場合5ドル/月、年契約の場合4ドル/月)
  • 改善の余地
    • デフォルトフォントの設定ができるようになる
    • テンプレートの作成ができるようになる

変わった形のみかん

前置き

  • 実家が農家で営んでおり、みかんなどの柑橘も育てている。
  • 昨日(2021å¹´2月5日)に食べた実家から送られてきたみかんの形が珍しかった。
  • 家族LINEでも共有する。

写真

f:id:ymzo:20210206134852j:plain f:id:ymzo:20210206134909j:plain

トレーニー制度 今年も見送り

前置き

  • 今の会社にある海外派遣制度の話。
  • 毎年2月頃に募集があり、今年も見送ることになった。

流れ

  • 1月初旬:社内ポータルにて募集枠の通知。
  • 1月中旬:全社でオンライ説明会。
  • 1月中旬:部署で経験者によるオンライン座談会。
  • 2月初旬:応募締め切り。
  • 3月-4月:社内選考
  • 7月:派遣
    • ※ 今年はコロナの影響を受けているが、安全を確保できる地域を中心に派遣予定なのだとか。

応募しなかった背景

  • 明確な理由が思いつかなかった。本当は理由がなくてもよいのにそれを考える余裕がなかった。
    • 何か明確な理由が必要だと思ってしまっていた。
      • 例)将来こういうビジョンがある、故にトレーニーに行く必要がある。将来お客様にこういう貢献をしたい、故にトレーニーに行く。
    • しかし、大学院のときにインドネシア留学を選んだ時、明確な理由はなかったよね。特別な誰もが納得する理由を探し求める必要はないのかもしれないのにね。
      • 当時のメモ ↓
      • 「何か、特別な立派な動機なんて何もない。新しいことを始める動機なんてなんでもよい。明確な動機を探して迷うこともない。極論を言えば、正しい動機なんてものはないのだから。」
        • ⇒ ある選択をする際に、選択をする時点で明確な理由がなくても良いのではと思っていた。
    • 気持ちにゆとりがあり、冷静になれば上のように考えることができるのに、1月2月余裕がなかった。
      • 仕事:2月に山場を迎えるプロジェクトの業務で業務時間外も仕事のことを考えていた。
        • 生活のリズムが崩れて、12時過ぎても起きていたり朝早く起きれなかったり。
      • 仕事(転職):コンサルの転職に加えて、事業会社のスカウトに応じてみたり、一次面接通過した企業のWEBテスト対策を考えないといけなかったり時間を使った。
      • 相手探し:土日に複数人と会ったり、相手の都合に合わせて平日も会ったりしていた。
        • ⇒ 平日ほとんどプライベートな時間がない状態。
  • トレーニーがベストだという確信がなかった。他の選択肢も模索している途中で。
    • 転職活動をしているので、もしかするとトレーニーの選択肢と転職の選択肢が出てくるかもしれないと思った。
      • ⇒ これは決まってから考えらればよかったのかもしれない。。

思うこと

  • 2021年のグループの編成や自身が異動対象の年次であることから、来年もチャンスがあるかわからない。
  • 来年もし今の会社で働き続けて居るのであれば、来年は挑戦してもよいのではないかと思う。
    • その場合、10月頃からトレーニー行く場合のキャリアを考えたほうがよいのかもしれない。

転職 - メディア事業会社 不採用通知

前置き

  • 2020å¹´02月XX日 PMに受けた、新聞社の子会社の面接・面談の結果通知がお見送りとして返ってきた。

結果通知

  • 結果
    • 「適切なポジションをご案内したく社内にて検討いたしましたが、現在の弊社の都合により、適切なポジションをご提示することが困難であると判断いたしました。」

思ったこと

  • 一方的だったりコミュニケーションもやもやする気持ち。そういう組織なのだろうか。
  • こちらとしては、ポジションの業務内容をお伺いしたいということで時間を設けていただいたつもり。それが、蓋を開けてみると、4人も登場する。業務内容の説明を受けてそれに対する自身の考えを少し言っただけのつもり。それで判断していただいたんだな。
  • この規模の会社だと自分が選ぶ立場なのだと考えていたが、そうではなかった。

転職 - メディア事業会社

概要

  • 日時:2020å¹´02月XX日 PM
  • 場所:自宅、オンライン
  • 面接:面談兼1時面接
  • 面接官:4名(人事、担当、課長、部長)
    • 面接の趣旨がわからない中開始...。(直接スカウトをもらい、想定される業務を知りたいと伝えて時間を頂いたつもり)

面接全体の流れ

  1. ご挨拶
  2. 先方から業務紹介
  3. 私からの質問&先方の回答
  4. 先方からの質問&私の回答
  5. 事務質問

話したこと

担当予定の業務

  • ミッション:メディアの広告枠の収益の最適化・運営
  • 期待する担当:プロジェクトの遂行する際のシステム導入の検討、技術的な領域でのプロジェクトの牽引
  • 体制:2名

募集背景について

  • システムバックグラウンドの人材が不足している。
    • 現状:営業担当やコンテンツの編集などシステムと縁がない人材がシステム関連業務を担当している。
  • 親会社からの出向による人材よりプロパー社員を増やす流れ。
    • これまで半分くらいが出向だったが、1ï½¥2割に削減している。

事業について

  • メディア業界の課題:ニュースのコモディティ化が進み、ニュースが無料化が進む。
    • そのような環境の中、どう収益を伸ばし利益を確保してくかということが課題である。
      • WEBメディアの広告による収益確保が求められている。
  • 広告枠の補足
    • Google の広告枠入札プラットフォームを用いて広告枠を販売
    • 営業担当による広告枠の販売
    • ブラウザの閲覧履歴クッキーベースの広告
      • ⇒今後は該当サイト内のニュースの閲覧履歴情報を基に広告を出す仕組みの開発を検討
  • 組織の構造
    • サイトコンテンツ管理部門
    • サイト広告管理部門(WEBソリューション部)
    • EC部門
    • 子会社組織ではあるが、新規事業の開発判断などは独自で実施している。(半分半分程度)

その他

  • 最終面接
    • 最低限の業務スキルがあるかの確認後に、役員(取締役)面接
    • 役員面接になる場合、スケジュール調整でお待ち頂く可能性あり
  • 留意事項
    • 節目節目で担当レベルでお客様との接待がある。 ⇒ 特に懸念点は問題ない。
    • システム障害などが発生した場合、夜間の対応等の可能性がある。

思ったこと

  • 面接官が4人もでてきて、これまでのコンサルの面接と雰囲気が異なった。
  • 企業側が、面接を受ける人(私)に迎合している感じだった。
  • 業務の責任範囲は広くそうで気になるが、業界の将来性が少し心配である。
  • 親会社に対して子会社である立場であるため、キャリア的にどうなのだろうという懸念はある。